NHKおしゃれ工房 市田ひろみの紬の着物事始め
二日とも見ましたよ。
紬の訪問着なんてのがいまはあるんですねえ。
(紬は1 mile wearいうか、趣味のモノなので昔は華やかな席には絶対に着ていっちゃいけないというのが決まり。いまは崩壊したん?)
それにしても。
着物本体、帯、小物。どれをとっても「うひー。それいくらするんよー」みたいなのがばんばんうつってて、しかもNHKだから値段とか出してくれないし。凝った帯〆とか、あんなんきっと1本15000エンとか20000エンとかだよ。それで買えるかどうか…。
1着を3通りに楽しむのところで、名古屋帯でもフツーにお太鼓にしてないの。角だしか、手先を変化つけたのか。あとは半幅帯結んだり。や、ワタシはこないだ教室で習ったばっかりだからわかるけどね。KIMONO姫系の子にはつらいのでは…。
着物を楽しんではる人はかなり遊び心を持って着てはるっていうのは本当で。こないだも梅田でお太鼓のところにちょこんとコリー犬の模様だったりしたよ(笑)。あとばばーんと般若柄の帯とか。買ったのは居内商店?(笑)
やっぱり紬ほちーなー。古着でいい。紬丈夫だから古着でもでんでん着れるし。親子三代で着れる着物だから。紬は母の大島紬あるんですけどね。自分のがほちい(笑)。
止まらない着物暴走特急