読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 しゃきっと

どうにも眠く、大した活動もせずうにゃうにゃ寝ころんでおりました。ダンさんが美容院行ったので、ひとりもそもそ着替えていたのですが、どうにも肌寒いし、ぼーっとするので、気合いを入れるために着物着てみました。出かけたのは図書館とスーパーだけですけどね。
袷のウール・赤(いつだったかフリマで買ったもの。少々虫食いの穴あり。一回も着てなかった)に黒の帯(やわらかく締めやすい)、帯揚げは万能選手のクリーム色っぽい黄色、帯締めは細い抹茶色と金色の2本使い。この帯締めは帯留め使うときの三分紐にもなるし、変わり結びしたときに飾り紐にもなるえらい紐。