県庁の星

欲張って2本目。W&Gはワタシが見たかったもの、こっちの「県庁の星」はダンさんが見たがったほうです。これも感想畳みます。

  • ワタシは原作読んでますので(id:ryan2:20051208#p3)、二宮さんが年下になった以外、どのぐらい設定が変わってるのかなぁと思いつつ見始め。
  • それにしてもこの映画長いなー。145分て。
  • お弁当が成功した時点で原作は終わりなので、そこでこっそり時計見たらまだ20分以上もあってびっくり。そんなに長い時間なにやんねん…。
  • スーパーでの最後のシーン、織田さん醤油の段ボール持ってましたけど、あれ全部中身入ってるならあんな悠長に喋れないほど重いと思うんですがね…。
  • 県庁での仕事部分、ものっそい増えてる。
  • 原作にあった合コンで知り合った女の子の話はばっさりカット。うん、アレはいらないといえばいらない。
  • 篠崎建設の娘とは政略結婚?
  • この「県庁さん」役。まあ織田裕二でもいいんですけど、もっとほかにおらんのかしら?とも思います。やつもいい加減白シャツ+黒パンツで歌えなかったラブソングを歌ってる場合ではないと思うの。
  • 二宮さんはパートのおばちゃんのほうがリアリティあるけど、それじゃあダメなんだろうなあ(笑)。柴咲さんのビジュアルだとパートでもバリバリ働いてる・言いたいことは言うキャラにはぴったりでしたが。
  • あのふたりにラブとかそんなんいらんのよ。邪魔だわー。
  • スーパーのバックヤードってどっこもあんな感じよね。雑然としてる。
  • 県庁職員のあのバッヂ、確かなくしたら始末書もんだから、あんな雑に扱うはずないんだが。
  • どうでもいいけど、県庁の係長クラスでひとり知事室入ることなんかないやろ〜。そんなやつおらんわ〜。
  • まあ映画的には面白かったですよ。さすがにはしごしたので、最後の方は座ってるのつらかったですが(笑)