処女小説

陰日向に咲く

陰日向に咲く


恩田陸に「ビギナーズラックにしては上手すぎる」と言わしめた劇団ひとりの処女小説。売れに売れてるみたいですね。連作短編集なのですが、章が進むに連れてどんどんうまくなってるのな。最初のほうとか、まさに劇団ひとりのネタっぽいのに。最終章とかびっくり。いやはや。小一時間で読み終わりましたが、もっともっと本書いて欲しいなあ。