激流

激流

激流

京都。修学旅行でグループ行動をしている、東京から来た七名の中学三年生。知恩院に向かうバスで、その中の一人の女生徒、小野寺冬葉が失踪し、消息を絶った ―。二十年後。三十五歳となり、それぞれの毎日を懸命に生きるグループのメンバーに、過去の亡霊が甦る。「わたしを憶えていますか?」突然、送られてきた冬葉からのメール。運命に導かれて再会した同級生たち。彼らに次々と降りかかる不可解な事件。冬葉は生きているのか?そして、彼女の送るメッセージの意味とは…?「今」を生きるすべての人に贈る、渾身のサスペンスミステリー。

本ばかり読んでます。柴田よしき、がつがつ執筆してますねぇ。ワタシは「RIKO」のシリーズじゃなく、「災都」から入ったのですが、追っかけきれないほど出してますよねぇ。連載も多そうだ。
それにしても2段組550Pは長いよー。その割にラストが…げふんげふん。