終末のフール

終末のフール

終末のフール

あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。
2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地に住む人々は、いかにそれぞれの人生を送るのか? 傑作連作短編集。

設定が絶妙ですね。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」よ発表されて5年後。残されたのはあと3年。パニックも犯罪も少しだけ落ち着いて、小康状態の街でそれぞれに生きる登場人物。彼らはみんな同じマンションに住んでるんですよね。この同じマンションっていうのもいい距離感だと思います。まるっkり知らない訳じゃないけど、いままでそんなに親しくもない。どの章も印象深いけど、個人的には「演劇のオール」がお気に入り。