逃亡くそたわけ

逃亡くそたわけ

逃亡くそたわけ

21歳の夏は一度しか来ない。あたしは逃げ出すことにした。軽い気持ちの自殺未遂がばれて、入院させられた病院から。逃げるのに思いつきで顔見知りを誘った。24歳の茶髪で気弱な会社員。すぐに「帰ろう」と主張する彼を脅してすかして車を出させた。東へ。そして南へ。__おんぼろ車で九州の田舎町を駆け抜けるふたりの前にひろがった暑い夏の物語。

「沖で待つ」だけじゃねぇということで、絲山作品2作目。端から見てると方言っていいよねぇと思うけど、実際問題相手の言ってる意味がわからんし、言葉が違うのはもの凄い疎外感なんですよねぇ(加賀暮らし3年目。まだ加賀弁に慣れません)。