さくら

さくら

さくら

スーパースターのような存在だった兄は、ある事故に巻き込まれ、自殺した。誰もが振り向く超美形の妹は、兄の死後、内に籠もった。母も過食と飲酒に溺れた。僕も実家を離れ東京の大学に入った。あとは、見つけてきたときに尻尾に桜の花びらをつけていたことから「サクラ」となづけられた年老いた犬が一匹だけ ――。そんな一家の灯火が消えてしまいそうな、ある年の暮れのこと。僕は、何かに衝き動かされるように、年末年始を一緒に過ごしたいとせがむ恋人を置き去りにして、実家に帰った。「年末、家に帰ります。おとうさん」。僕の手には、スーパーのチラシの裏の余白に微弱な筆圧で書かれた家出した父からの手紙が握られていた――。

第3回本屋大賞の候補*1にも入っていた「さくら」。もうね、犬が出てくるだけで泣けますよ(犬バカだから)。おにいちゃんがかっこよすぎとかいろいろあるんだけど、もうさくらが、犬がいいこなので満足。犬大好き!(毛にアレルギーあるけど)

*1:id:ryan2:20060124#p3