恋はさじ加減

恋はさじ加減

恋はさじ加減

おいしいと好きになるのか、好きだからおいしいのか-。ポテサラ、ハヤシライス、カレーうどんにバターご飯エトセトラ。食べ物をきっかけに始まる恋、こじれる恋を描く、スパイスたっぷり美味な6篇。

平安寿子さんの新刊(出たの3月だけども)。食べ物が関係した恋愛短編集。一緒にいる時間が長いし、恋愛と食事は切っても切り離せないもの。味覚が極端に違うカポーor夫婦ってうまくいかん気がします。同じもの食べて、美味しいねって笑いあえるのは1番しあわせ。食事を大事にしないヤツなんて大嫌いだ(テルーism)。
最初のはまぐりのはゲテモノ料理がたくさん書いてあって、うっとなったけれど、どの短編も大変おもしろかったです。ポテトサラダにこだわる男とか、たまねぎ嫌いのキャリアウーマンとか。たまねぎ嫌いってツライよね。たまねぎって和洋中なんにでも使うし。キュウリ嫌いなワタシもなかなかツライですが。どこにキュウリが潜んでるかわからないので、外でサラダ・サンドイッチは極力食べません。ダンさんは椎茸が嫌いなのですが、これも油断するといろんなものに入り込んでるので厄介だそう。