読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

010・空の中

空の中

空の中


200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か。“電撃”が切り開く新境地。第 10回電撃小説大賞大賞受賞作家・有川浩待望の第2作。

有川作品、未読なのは新刊を除くともうないかも…。さみしい…。
最後に残っていた陸海空三部作の空。じじいかっこよすぎ。