so what?@ hatena blog

育児と食べ物の話ばかり。

ニマメ出産記録

自分の覚え書きとしてニマメ出産記録を。当日はTwitterでぶつぶつ言ってたのでそれを拾いながら。iPhoneだと両手で入力しなきゃいけなくて、面倒なので普通の携帯から一方的につぶやいてました。
マメのときはこんな感じ→2006/11/06(Mon)

  • おはようございます。おしるしなう。つか、腹も痛い。来た?39w6d #ninshin posted at 07:09:11

いつも通り6時半起床。おしるしっぽいものが2回でたのに、お弁当作ろうと普通に炊飯器セット。いま思えばこれでおにぎり作ればよかった。

  • とりあえず、iPhone充電してます。イテテ。保育園の準備して、ムスメ起こすか。posted at 07:13:08

次の心配がiPhoneかよ!(笑) 朝なのでテレビに時間が出ていて陣痛の感覚が計りやすいなーって7分間隔。気づくと5分間隔。経産婦で5分間隔はまずい! ちなみに陣痛の○分間隔というのは痛い(40秒〜1分)→痛くない→痛い(また40秒から1分)で、10分間隔の場合は痛くないのが9分ぐらいです。経産婦さんは15分間隔ぐらいで病院に電話なのに。
マメの朝ごはんもなんとか終わらせ、ダンナは休む連絡してワタシは病院に連絡。この時点で8時半。普通に外来受付開始時間だし。

  • やっぱり陣痛なう。5分間隔ぐらい?とりあえず病院行くっす。いま保育園。posted at 08:40:34

マメを保育園に送ったら(ダンナに送ってもらった。ワタシは車で待機)、ほっとしたのか陣痛が弱まる。5〜7分間隔。

  • 朝から3通もマクドのメールが!この腹の痛い時に!posted at 08:41:29

この痛いときにマクドのメールが最終的に4通も来て切れる。前日マクド行ったからですね。プラレールのハッピーセット、うちはドクターイエローでした(聞いてない)。
病院到着が8時50分ぐらい。外来の助産師さんに「あら、まだ余裕のありそうな顔ねえ」といわれる。ええ、そんなに痛くないっす。助産師さんと先生に診察してもらう。この時点で子宮口2〜3cmの開き(10cmが全開)。今日中には産まれるけど、前回が促進剤使っての分娩だし、お昼までに陣痛が強くならなければ促進剤入れましょう。夜22時超えると分娩料も高くなるしね☆とのこと。うろうろしていたほうが陣痛強くなるので、病院うろうろしてたら?と言われる。
病棟に案内されて、陣痛室でNST(胎児の心拍数と陣痛の強さを見る機械)。やっぱりあんまり強くない。

  • 陣痛室なう。今日中には産まれるだろうけど、まだまだっぽい。朝ごはん食べたけど、おなかすいた。posted at 10:54:44

で、寝そうなぐらい弱くなったので、病棟うろうろ開始。とっても空腹。飲み物は持ってきたけど、軽食がないんだよ。何か持ってくればよかった…。病院の売店めぼしいものなかったし。

  • 病院うろうろなう。ケータイから一方的につぶやいてます。ダンナ怖いし(笑)。強くならないと産まれないけど、痛いのヤダー。posted at 11:26:41

で、陣痛室に戻る。マメの時の痛みを思い出し、ちょっと弱気になる。病棟の助産師さんAに診察しようか?と言われても「全然痛みが強くならないですー」とか言っていたのですが、戻ってきたらまたおしるしのようなものが。ここから痛みの質が明らかに変わる。イテテ。お昼ごはん出るけど、食べれる?と聞かれ、おなかが空いたので食べます!とか元気に答えたのに、それどころじゃなくなりました。ちなみにこの日のメニューは天ぷらとキュウリの酢の物とごはんと味噌汁と何か。せっかく分娩室に運んでもらったのに、食べれず、分娩室がキュウリ臭くなっただけ。ワタシはキュウリが大嫌い。キュウリはワタシの敵!
11時48分破水。上位破水ということで、子宮口の入り口の方の膜じゃなく、上で破水したらしい。座りながらNSTしてもらっていると、痛いときにじゃばじゃば水が出るので「こんなに出るもんなんですか?」と思わず聞く。出るそうです。マメのときは1回ぱしゃーんと出ただけだったので。
12時半〜13時頃。3分間隔ぐらい。陣痛の合間も喋る余裕もなくなる。「なんか赤ちゃん降りてきて、あいだに挟まった感覚がしますー」。叫ばず、痛がらず、身体の状況を伝えていたので、助産師さんにはあとで「おかあさん終始冷静でしたね」と褒められましたよ。マメの時の産院で「痛いー!と叫ぶと赤ちゃんに酸素が行かず、赤ちゃん余計にしんどいねんで」と言われ続けたせいかしら。助産師さんが腰とか、合間は肩のマッサージをしてくれてとっても気持ちよかったなー。ダンナーは水分補給係。そしてリップ塗ってくれたり。
13時前様子を見に先生登場。「15時かな〜。お産が進んだら早めに連絡してね。廊下走るのイヤだからね」とかお茶目に言いつつ退場(が、結局すぐ呼ばれることに)。平日日中のお産だったので、助産師さんA(メイン)とB、外来の助産師さん、産婦人科の先生と4人もいました。豪華。
13時25分完全破水&子宮口全開。自分でも「これは産まれる痛さが来たな」と。抗いがたい大きな波に襲われる感覚。マメの時の陣痛促進剤の陣痛はただただ痛いだけでしたが、自然な陣痛は痛いのだけど気持ちいいような。波に乗っていきむとふわーっとするような感じでした。陣痛さすがに1分間隔。が、最後の最後で2〜3分間隔に。なぜ?合間に休めたからいいけど。
13時37分ニマメ誕生。あれよあれよというまに進んでしまい、直前で分娩室出るはずだったダンナは出るタイミングを失い、成り行き立ち会い出産。ほぎゃーと泣いたニマメの声を聞き、自分たちも泣く。

  • 13時47分、元気な男子が産まれたなう!posted at 14:33:40

で、産まれた時間を10分間違えて投稿するっていうね(笑)。家に帰るまでが遠足ですが、胎盤が出るまでが分娩です(キリッ ということで、胎盤が出たのが43分だったのね。産むと劇的にバカになるので、もう数字とか覚えられないの。出生体重は予想に反して3000gなかったです。
分娩室で2時間安静のち病室へ。で、ちょうど16時前だからマメも延長保育なしで普通にお迎え。しかも退院は土曜日なので、産まれたら病院行くねとどれだけ親戚お見舞いくるのかしらとgkbrしてたのに、それもなさそう。ニマメグッジョブ。計算したかのような出生時間だなー。病室に帰る前に、助産師さんが暖かいタオルで全身拭いてくれて、それもとっても気持ちよかったです。
17時過ぎにマメがダンナと登場。完全母子別室なので、新生児室まで赤ちゃんを見に行ったり。スピード安産でしたが、ワタシは関西にいても「めばえ」に出るの無理〜とかうっすら思いました(笑)。ちなみに「めばえ」とは関西地方の夕方ニューススクランブルのコーナーで、その日生まれた赤ちゃんを紹介するコーナー。詳しくはこちら→「かんさい情報ネット Ten!」。めばえに出るには0時から朝9時のあいだに産まれて、家族全員がテレビに出れてとかいろいろ条件があるらしいです。
最後になりましたが、当日twitterの応援メッセージとお祝いメッセージがなんと200件近く!ひとりひとりにお返事できませんでしたが、ありがとうございました。とってもうれしかったです。