読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新幹線のたび

しんかんせん大好きなムスコ・ニマメ2歳のために借りたのですが、これはもうすぐ6歳女子が読んでも、大人が読んでも十分楽しめる絵本でした。

詳しい説明は、絵本ナビさんにおまかせするとして。

(数ページよめる)新幹線のたび ~はやぶさ・のぞみ・さくらで日本縦断~|絵本ナビ : コマヤスカン みんなの声・通販

朝、6時15分。まだ明けきらない新青森駅のホームから新幹線『はやぶさ』にのって、はるかちゃんとお父さんの旅は始まり ます。これから3つの新幹線を乗りついで、鹿児島のおじいちゃんの家まで行くのです! さて、どんな風景が二人をまっているでしょう……。1日のなかで、 季節が冬から春へと移ろっていく、こんな美しい国土にわたしたちは住んでいたのだと改めて気付きます。びっしり描き込まれた、建物や山。またこっそりひそ んでいる変なものを探すのも楽しい本です。

<作/コマヤスカンさんからのメッセージ>
この絵本では、小学生の女の子が、春休みに新幹線に乗って青森から鹿児島まで旅するお話をパノラママップでたどっていきます。
昨年12月8日に東北新幹線が青森まで、そして今年3月12日に九州新幹線が鹿児島まで開通するのに合わせて、ずいぶん前から準備して一生懸命描きました。
しかし、九州新幹線の開通の前日に、東日本大震災が発生し、絵本を楽しんでいただける状況ではなくなってしまいました。
そこで、心ばかりですが、講談社様のご厚意をえて本の売り上げの一部を震災復興の義援金にお役立ていただくこととなりました。
いつの日か、被災された地域の皆さまがこの本を手にとって楽しんでいただける日が来ることを心より願っております。

 

新幹線を楽しむもよし、日本の豊かな国土と季節の移ろいを楽しむもよし、潜んでいるのを探すもよし。どうしても恐竜が見つけられず!