パリのムスコメシ

内容紹介
2年前、夫婦の別れの後、パリで当時小学生の息子と再出発をした作家の辻仁成さん。
以来『女性自身』誌上で2年にわたって連載した、大好評エッセイ『ムスコ飯』に登場した料理を厳選した
著者初めての〝レシピ本〟が完成しました!
シングルファザーとなった辻さんは、息子を立派な大人に育て上げたい一心で毎日、キッチンに立ち続けました。
本には手塩にかけてこしらえた料理のなかから51品を掲載。
豪華なフレンチあり、シンプルな和朝食やトーストあり、主婦(夫)にはうれしい「大量生産型料理」あり、お客を楽しませるパーティ料理ありと多彩です。
料理を通じて、家族や恋人など大切な人との関係を深めるためのヒントが、満載の料理集です。

レシピ集としてはほとんど参考になりませんが。ただの写真のきれいなエッセイ集。それにしても、異国で、シングルファーザーがずっと料理してるってすごいなー。