レシピを見ないで作れるようになりましょう。

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

 

 

マーケットで見かけた旬の素材や、宅配で届いた野菜で、サッとおかずが作れたらいいと思いませんか?

もともと、家庭料理はそういうもので、家のごはんはそういったものなのです。
(中略)

毎日の食事作りって、そんな感じです。素材ありきで、それを炒めたり、焼いたり、煮たりして、シンプルなおかずに仕立てる。料理屋さんで出てくるような手の込んだ料理である必要もないし、雑誌や本で紹介される料理をレシピ通りに作る必要もないのです。

(中略)

料理は「一時期だけ作ればいい」というものではなく、だれにとっても、一生続けていくライフワークです。
レシピを見ないで作ることを続けていると、料理の勘が冴えてきます。本当の基本が身につきます。「次はこうしてみよう」と応用力がついてきます。自然にレパートリーが広がっていきます。だから献立に悩むこともなくなります。そしてなにより、料理が楽しくなってきます。
さぁ、台所に立って、“身につく料理"のレッスンを始めましょう。

 レシピの本ではなく、「どうやったら美味しく肉・野菜・魚が食べれるか」の指南書です。さっと炒めた野菜、美味しい油と酢で作ったドレッシングで食べるサラダ。焼いたお肉。分量ではなく、コツの本。『ダメ女~』に通じるものがあります。 これを買って料理を始めるのはかなりハードルが高そうだけど、ある程度作れる人なら、絶対おすすめ。旬のものを、食べれるだけ、買ってさっと調理する。

この本の方法でキャベツ炒めてみたら、びっくりするほど美味しかったです。なんだなんだ。

初心者なら、小林カツ代さんをおすすめ。肉はごちゃごちゃいじらない!とか、こちらもレシピにはなってますが、料理の基本が全部入ってます。

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室