so what?@ hatena blog

育児と食べ物の話ばかり。

天才はあきらめた

図書館で普段いかないような棚のところをぶらぶらしていたら見つけた本。そうか、芸能関係の本もあるのか。 ご存じ、南海キャンディーズの山里亮太こと、山ちゃんの書いた本。 マジのマジで、クレバーな山ちゃん。ねほりんぱほりんも山ちゃんじゃなきゃダメ…

結婚の奴

人生を変えるような恋愛だの結婚だのは無理だが、ひとりは嫌だ―― ゲイの男性と「結婚」と称して同居を始め、 恋愛でも友情でもない二人の生活をつくるまでを綴った能町みね子の最新作。 「ウェブ平凡」連載「結婚の追求と私的追究」の単行本化。 連載1話だけ…

愉快な青春が最高の復讐!

気鋭の小説家、初のエッセイ集。パーティーもBBQもフェスも見当たらず、学生でもない。でもこれは紛うことなき青春だ!会社の同期五人との、謎の熱狂。平日は毎晩のように誰かの部屋に集まり、一台のベッドにぎゅうぎゅう詰めで眠る。会社のロッカーに共用の…

エバーグリーン

漫画家を目指すアヤコと、ミュージシャンを志すシンは別々の高校に進むことになる。卒業式のあと二人は約束する。——10年後にまた会おう。10年、その間に二人はどうなるのか。淡く切ない、残酷だけど美しい日々を描いた青春小説。 ムスメ中2が通っている塾の…

ショコラティエ

ぷらぷらと書架を眺めていたら、とっても綺麗な装丁の本を見つけました。 母子家庭で育った聖太郎と、大宮製菓の御曹司・光博は、共通の趣味であるお菓子作りを通して親友となる。ある日、聖太郎は光博から、幼馴染が出場するというピアノコンクールに誘われ…

罪の轍

まきのすけさんがおすすめしていた本。 1週間かけてじっくり読みました。587P! 犯罪の根っこはどこまでいっても貧困と虐待なのか。つらい。吉展ちゃん誘拐殺人事件がベースと聞いて、さらっとWikipediaを読んだよ。つらい。 ja.wikipedia.org 刑事たちの執…

あとかた

再開した図書館で、あれもこれもと欲張って借りたうちの1冊。 千早茜さんは片っ端から今読んでいる最中。 第20回島清恋愛文学賞受賞。 ほむらてがたゆびわやけどうろこねいろ 『さんかく』はダントツに好きだけど、千早さんならこれと『西洋菓子店プティ・フ…

神さまたちの遊ぶ庭

宮下奈都さんは福井の人なのに、なんであんなに『羊と鋼の森』の北海道の描写がいききとしているんだろうと思っていたら、2013年4月から1年間、北海道の大雪山の麓にあるトムラウシという小さな集落に家族で山村留学していたんですね…!これはその時のエッセ…

シングルファーザーの年下彼氏の子ども2人と格闘しまくって考えた「家族とは何なのか問題」のこと

であすすの花田菜々子さんの私小説第二弾!ゲラには応募しなかったけど、ずっと読みたかったよ! 付き合うって何?結婚する意味って?私たち、家族になったほうがいいの?菜々子、38歳。職業、書店員。出会い系サイトで会った70人に本をすすめまくって、いまは…

愛の色いろ

緊急事態宣言から、休館していた図書館がようやく開きました。 本が借りれる!と思うと、いままでなかなか集中して本が読めなかったのに、するする~と読めるようになる不思議。 奥田亜希子さんの新刊です。 それにしても、小学校も中学校も普段は朝読書だな…

線は、僕を描く

ムスメ中2が、分散登校した中学校の図書室で借りてきたもの。借りて午後一気読み。読みたい本リストに入れていたのはなぜかと思ったら、2020年本屋大賞3位でしたか。Kindle Unlimited契約してるけど、やっぱり紙の本で読みたいんだようううう。 物語として、…

ごろごろ、神戸。

図書館がずっと閉まっていて、会社も臨時休業が多く、あんまり本を読む気にもなれないこの頃。 「ごろごろ、神戸。」がkindle unlimitedに。ユーザーはぜひ今のうちに一読を。そしてもし書かれている事がおもろいやんと思った方は、写真配置・サイズ・書体・…

楽園のカンヴァス

図書館も開いてないし、なんとなく本を読む気が起きず。ようやく読み切った1冊。 ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定し…

超ロジカル家事

超ロジカル家事で変わること。劇的に時短されます。体が疲れなくなります。脳も疲れなくなります。お金が増えます。世界一カンタンに幸せになれます。 勝間和代さんの、家事方法、生活方法をまとめた本。 最近料理に特化した本が出ましたが、これはその前に…

超ロジカル家事

超ロジカル家事で変わること。劇的に時短されます。体が疲れなくなります。脳も疲れなくなります。お金が増えます。世界一カンタンに幸せになれます。 勝間和代さんの、家事方法、生活方法をまとめた本。 最近料理に特化した本が出ましたが、これはその前に…

雲を紡ぐ

大好きな伊吹有喜さんの新刊。『彼方の友へ』が直木賞取れなくてくやしいし、伊吹さんはまじでもっと評価されてほしい。 「分かり合えない母と娘」壊れかけた家族は、もう一度、一つになれるか?羊毛を手仕事で染め、紡ぎ、織りあげられた「時を越える布・ホ…

君たちは今が世界

話題になっていたこの本。ちらっと小学校の話と聞いていたのですが、なかなかに読むのが辛かったです。 いつかのあなたが、きっと、この教室の中にいる。著者渾身の感動作! みんなと、居たい。みんなは、痛い。教室がすべてだったあの頃の、まぶしさとしんど…

くらべる東西

コロナ騒ぎのだいぶ前。イオンモールのヴィレッジヴァンガードで、ケロリンの桶が売ってて。「なんで東の桶と西の桶があるの?」って話になり。ムスッコ小3におかべたかしさんの『くらべる東西』読ませております。このシリーズおもしろいよねー。 ムスッコ…

青春のジョーカー

最近、あんまりがっつり本が読めなくて、図書館の本も延長したり、読めなくていったん返したり、ぱらーっとマンガ読んだりしてるのですが。久しぶりにちゃんと読みました。 スクールカースト最底辺のグループに 所属している中学三年生の基哉。身長は180c…

ラクして時短の「そうじわざ」

NHKのプロフェッショナル・仕事の流儀にも出演した、新津春子さん。 www.nhk.or.jp その掃除術を、子供と一緒に学び実践しましょうという本。図書館のYA(中高生向け)のコーナーにありました。 www.inter-edu.com フェイスタオル1本で、まず自分の部屋から…

おもかげ復元師

であすす(出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと - so what?@ hatena blog)の、花田さんの記事を読んで、手に取った本。ten-navi.com 遺体を棺に納める納棺師。その中でも遺体の損傷などがあった場合に、顔…

今日も一日きみを見てた

角田光代さんの猫エッセイ。 たまたまこの本を読みたくて検索したら、kindle unlimitedに角川文庫がたくさんありました。これはよい。とてもよい。 kindle本は棚がぐちゃんぐちゃんになるし、アンリミ対象の本もうまく探せないし、キーーー!っとなるんです…

食品収納の神ワザテクニック

食品ロス削減の基本は収納術にありムダをなくす知恵。 図書館にあったので、パラパラと読みましたが。 これなら、インスタの収納タグでも読んでたほうがいいような気がする。 食品収納の神ワザテクニック (文友舎ムック) 作者:島本美由紀 出版社/メーカー: …

のっけから失礼します

久しぶりにしをんちゃんのエッセイ。 雑誌「BAILA」での連載に、紀州パンダ紀行など、とっておきの書き下ろし5本を加えた「構想5年!」(著者談)の超大作(?)エッセイ集。タクシーで運転手さんと繰り広げられる面白トーク、漫画や三代目J Soul Brothers への熱…

待ち人来ずってなんなの 私から会いに行くからお前が待ってろよ

大丈夫、マジで大体どうにかなる。「文才のすごいギャル」待望のエッセイ! 夢あるのが別にエラいわけじゃないし、やりたいこと見つからないのがダメなわけじゃない。結婚するのもしないのも人生。生きてくことに勝ち負けなんてないんだからみんなもっと好き…

こども六法

●法律は自分を守る武器になる。いじめ・虐待をなくすために。 いじめや虐待は犯罪です。人を殴ったり蹴ったり、お金や持ち物を奪ったり、SNSにひどい悪口を書き込んだりすれば、大人であれば警察に捕まって罰を受けます。それは法律という社会のルールによっ…

ガーデン

『ガーデン』、また千早茜さんの本です。 花と緑を偏愛し、生身の女性と深い関係を築けない、帰国子女の編集者。異端者は幸せになれるのか。幸せにできるのか。 女性たちが全員パワフルなのに、主人公の羽野くんだけが静か。 この下の千早さんのインタビュー…

今あるもので「あか抜けた」部屋になる。

『 今あるもので「あか抜けた」部屋になる。』Twitterで見かけたので読んでみました。 収納はされてるし、それなりに家はすっきりしてるけど。「あか抜けて」はない。 センスが無い お金が無い 子どもがいる 賃貸 狭い 物が多いでも大丈夫!センス、お金、広…

たてがみを捨てたライオンたち

「家事や育児が問題なくできたとしても、仕事が人並み以下だったら男としては二流のような気がしちゃうんです。そういうのってわかりますか?」 つわりに苦しむ妻を支えるなか、仕事で二軍の部署に異動が決まった。毎日やってられない。……専業主夫になるべき…

スベらない同盟

図書館のYAコーナーにあった本。 レオは、自他ともに認めるイケてる中学2年生。軽音部ではメインボーカルだし、運動だってできる。トークスキルもばつぐんだし、みんなが自分を頼ってくるのも当然だ。学校でひとりになることほど、こわいものはない。だから…